ゲームは一日一時間!殴りSageの記録。じんわりと解凍。


by 24kazedo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:鍛錬の書( 154 )

Sage BLv:70  4.0%で変わらず
     JLv:33 30.2%で変わらず
死亡回数:0回
所持金:203,684zで変化なし。

シンジャエ、ミンナシンジャエ……。
街の中心にあるマーケットを歩いていると、そんな物騒なささやきが聞こえてきた。
思わず振り返ると、黒猫を連れた少女が、手に持った紙と街の雑踏を見比べながら、
ぶつぶつとこぼしているようだ。

いまの科白は彼女が……?
ついじっと見つめてしまう。
すると、その視線を感じたのか、彼女が手元からふと顔を上げたせいで
目がばっちりと合ってしまった。

「や、やあ。何か困っているようだけど、よかったら話を聞かせてもらえないか?」
「・・・・・・」
いかん、たちの悪い女たらしのごとき言動ではないか。
どう誤魔化そうかあせりながら、我ながら胡散臭いと思う笑みを浮かべてしまった。

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それでは、いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-12 23:06 | 鍛錬の書
Sage BLv:70  4.0%で変わらず
     JLv:33 30.2%で変わらず
死亡回数:0回
所持金:203,684zで変化なし。

机の上には、ランタンの灯を受けていくつもの小さな石が輝いている。
鮮血を思わせる紅きレッドブラッド。
陽光に煌く水面からほの暗き水底の青さを宿すクリスタルブルー。
大地の恵みを感じさせるイエローライブに、
木立を吹き抜ける風の名残にその色を揺らめかせるウィンドオブヴェルデュール。
いずれも、Sageの術に欠かせない属性石の欠片たちだ。

やはり、レッドブラットの在庫が心もとなくなってきている。
(……火属性付与を使う機会が多かったためか。)

確認を済ませた属性原石を小さな革袋に入れ、元通りに腰につける。
さて、レッドブラッドを手に入れるには…ミョルニール山脈にいい狩場があったはずだ。

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それでは、いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-11 23:04 | 鍛錬の書
稀にぬいぐるみや人形など人の手で生み出されたものに生まれる魂。
人に捨てられたり、忘れ去られてしまい、恨みを持ってしまったその魂を取り込んで
マリオネットと化してしまう。
マリオネットとなった魂には通常、元の人形だったころの記憶はない。
しかし、記憶を取り戻すこともある。
それも繋がりの強い人物や物が触れることによって…。
だとすれは、アバンダは…。

修理が無事完了したアバンダに、私は尋ねた。
「これから、どうするの?」

その問いは己にも跳ね返ってくる。
これから、どうするべきなのか。どうしたいのか。

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それではいちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-10 22:39 | 鍛錬の書
Sage BLv:70  4.0%で変わらず
     JLv:33 30.2%で変わらず
死亡回数:0回
所持金:繰越金 209,349z 
     交通費 アルベルタ→沈没船の島 -1,000z(250z×4回)
     オリデオコンの金槌代 -4,000z
消耗品代(蝶の羽) -655z      
    ------------------------------------------
残高:203,684z

アルベルタの港で見つけた人間と話をし、痛みを感じるマリオネット。
彼女の修理の手がかりを探すべく、イズルートの街まで戻ってきた。

「ああ、君。いま戻ってきた船はアルベルトからのものかね?」
「ええ、そうですが」
「アルベルタから船便で荷物が着く予定なんだが、なかなか船が来なくてねえ。
繊細な人形の部品が壊れていないか心配だよ」

偶然出会ったこの男性は人形技師で人形製作やその修理を生業としているそうだ。
ならば、マリオネットの修理の仕方も知っているかもしれない。

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それではいちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-10 20:04 | 鍛錬の書
Sage BLv:70  4.0%で変わらず
     JLv:33 30.2%で変わらず
死亡回数:0回
所持金:繰越金 221,149z 
     交通費 ゲフェン→イズルート -1,200z(600z×2)
          イズルード⇔アルデバラン -2,500z(500z×5)
          イズルート→バイラン島 -150z
     消耗品代 -7,950z
     ------------------------------------------
残高:209,349z

昨夜は友人と久しぶりの再会だった上、話が盛り上がり、つい酒を過ごしてしまった。
おかげで、こうして太陽が真上に昇ったころに起き出してきた訳だが。
あー、太陽が黄色い。

まだ酒が残っているような気がする頭を振りながら、噴水広場まで来たときだ。
「おやおや、昨夜はずいぶんと盛り上がっていたようじゃの」
「あー。語り部さん。」
頭を下げると、収まっていた頭痛がぶり返してきた。
青い顔をしながらこめかみを押さえてうなっていると、
「そうじゃ、気分転換にアルベルタの港へ行ってみてはどうかの?
潮風に当たれば、それなりに気分もすっきりするじゃろうし。それに…」
語り部は一旦ここで言葉を切り、片目をつぶってみせた。
「それに、おぬしの次の物語もそこで始まろうとしているぞ。」

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それでは、いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-08 22:02 | 鍛錬の書
Sage BLv:69 75.0%→70  4.0%
     JLv:32 68.2%→33 30.2%
死亡回数:0回
所持金:繰越金 232,119z 
     交通費 -10,900z(コモドフェスタコイン代)
     倉庫代 -70z
     ------------------------------------------
残高:221,149z

先日書き上げたレポートを手土産に、久しぶりにゲフェンの友人を訪ねた。
魔法学校の並びにある友人宅の入り口には、「現在オーク村にて調査中」の張り紙が。
そういえば、「オーク族の戦士として認められた」とかなんとか言っていたな。
オーク族の棲む村へといってみようかと、西門を潜り抜けようとしたときだった。
不意に階段の陰から奇妙な鳴き声が聞こえてきた。
「うぅ…困ったワン」
コボルド…だろうか。気の強そうな顔つきだが、今は顔を赤くして苦しげな様子だ。
そういえば、語り部の老人は大層モンスターに詳しかったはずだ。
まだ、噴水広場にいるだろうか。
私はきびすを返し、広場へと走った。

注意:この頁は5th アニバーサリークエスト:モンスターサイドストーリーの一編をアレンジしたものです。ネタバレを含みます。

それではいちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-07 14:41 | 鍛錬の書
Sage BLv:69 64.4%→69 75.0%
     JLv:32 68.2%で変化なし
死亡回数:0回
所持金:繰越金 223,181z 
     お年玉 +8,938z
     ------------------------------------------
残高:232,119z

明けましておめでとうございます。
今年はねずみ年ということで、カードの絵柄を流用しての年賀状でございます。
e0083511_15183125.gif
今年も細々と更新してまいりますのでどうぞよろしくお願いします。

それでは、今年の初いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2008-01-06 15:48 | 鍛錬の書
Sage BLv:69 10.2%→69 64.4%
     JLv:32 18.0%→32 68.2%
死亡回数:1回
所持金:繰越金 226,181z 
      交通費代 -3,000z
     ------------------------------------------
残高:223,181z

「そいつはきみの目の前できみをにらんでいるのに、
きみはそれを目にしていて、思いだしていて、しかも見ようとしていないんだ。」
『マーチン・ヒューイットの事件簿』 アーサー・モリスン


毎年アニバーサリーになると出没する怪盗アニバーサリー。
今年は「COMODO☆FESTA2007」の情報を聞きつけ、
主催者であるギィ・ロックスター氏の宝である一本のニンジンを狙っているらしい。

ギィ・ロックスター氏の宝であるニンジンは、彼が財産を築くきっかけとなったものであり、
いまでも大切に保管しているものである。

アテイル私立探偵事務所の面々はこのニンジン警備の依頼を受けたのだが……。
完璧な警備を配置し、ニンジンが保管されているニンジンルームには
誰にも立ち入らなかったのにも関わらず、犯行予告時間が過ぎたときには
ニンジンはその台座から消えていたのである!

ニンジンは一体どうやって盗まれたのか!

Mission1:新米探偵に協力してその謎を解け!

というわけで、今回のいちいちは探偵風味でお送りしたいと思います。

それでは、いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2007-12-31 15:45 | 鍛錬の書
Sage BLv:68 57.6%→69 10.2%
     JLv:31 16.1%→32 18.0%
スキル:ボルケーノ(火場) Lv1
死亡回数:1回
所持金:繰越金 217,600z
     倉庫代 -160z
     収集品売却 +12,661z
     交通費代 -4,000z
     ------------------------------------------
残高:226,181z

暑い砂漠地帯にあるとはいえ、
氷の洞窟内は常に冷気が漂っており、むしろ寒いくらいだ。
隣を通り過ぎたHighwizardさんの分厚いコートに目をやりながら
属性付与の技術をちょいとばかり流用して、動きに差し障らない程度の温度を保つ。
冒険者の知恵って奴だ。


前回に引き続き、氷の洞窟です。

Dropの氷の心臓は聖域の秘密クエストで使う品ですので
クエスト分(40個)を集めておきたいところ。
しかし、シロマからのDrop率は約10%。なかなか溜まりません。
転送サービスが終了する前に溜まると良いな…。

それではいちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2007-12-29 12:02 | 鍛錬の書
Sage BLv:68 1.1%→68 57.6%
JLv:30 4.3%→31 16.1%
死亡回数:0回
所持金:217,600z で変わらず。

氷の洞窟
アルナベルツ教国の北方にある「氷の洞窟」。
常に氷に閉ざされた洞窟からの湿気のせいか、周辺には、水場があり植物も多く見られる。


「リバースオーキッシュ」狙いでやってきた氷の洞窟。

名前    種/属性/サイズ MHP   経験値B/J     要HIT  要Flee
シロマ    無/水3/小   6,800   2,230/1,005    85     157

Dropは残念ですが、小型、高い属性Lv、経験値が魅力的。
属性Lvが高いので、200%攻撃が通るところが素敵です。

意外に経験値がよかったので、しばらくここで狩る予定です。

それでは、いちいち開始!
[PR]
by 24kazedo | 2007-12-29 11:55 | 鍛錬の書